58 / 100 - P132

坂口恭平

作家・建築家・音楽家・画家・新政府内閣総理大臣など

“おまえはもう働いている”

10歳の頃から家の中に小屋を作り始める→12歳で「建築家」という職業があることを知る→18歳で建築家の石山修武氏の「幻庵」に衝撃を受ける→早稲田大学理工学部建築学科に入学→卒業論文で東京の路上生活者の家を調査する→卒業後1年間、石山修武研究室地下実験工房に通い独立→2004年、卒業論文を元にした写真集『0円ハウス』を出版→東日本大震災後、熊本に「新政府」をつくり初代内閣総理大臣に就任、避難者を受け入れる

齋藤徹史

ジョナサン・ヤフェ

WHO WE ARE