45 / 100 - P106

望月DUKE暢彦

自由大学教授・会社員

“会社を辞めて起業するのも社内で好きな仕事を起ち上げるのも同じこと”

大学在学中にモデルとしてデビュー、地元のテレビなどに出演→大学卒業後、大手電機メーカーに入社→28歳でベンチャー(イベント企画)経営に転身→友人の会社の保証人になり、そこから会社が傾く→大手通信系IT企業に転職し新規事業開発・社内ベンチャーの立ち上げに携わる→会社に勤めるかたわら、自由大学で教授として社内起業学ほかの講義を持つ

宮下慧

森山裕之

WHO WE ARE