23 / 100 - P62

山田健一郎

インテリアデザイナー

“人間を「使う側」と「使われる側」に分けたくない”

学生時代から鋳物工場で金属を使ったアート作品を作る→アルバイト先のレストランの看板を作り、ものづくりの仕事で初めてお金を稼ぐ→インテリアデザインを学ぶために設計事務所に就職→外食企業に転職し、レストランの店舗デザインを手がける→設計事務所時代の上司とインテリアデザイン会社を設立→みどり荘設立の中心人物として、交渉からデザインまで携わり、現在の雛形を作る。現在は、フリーランスのデザイナー

薮内洋介

ラッセ・クスク

WHO WE ARE