21 / 100 - P58

マックス・ハウゼガ

学生・クリエイティブディレクター

“趣味や情熱を仕事にするために、エネルギーのダイバーシティは重要なのかもしれない”

サンフランシスコ出身、13歳の時にスノーボード旅行で北海道に訪れる→19歳で、マウンテンバイクのレーサーとして活躍→大怪我による手術を経て、南カリフォルニアの大学に入学。専攻はメディアスタディ→言語の必修科目で日本語を選択し、勉強するうちに日本に興味を持つように→東京のクリエイティブエージェンシーでインターンを経験→大学に通いながら、アウトドア系ライフスタイルブランド 『TERASU』を立ち上げる

松本海央

薮内洋介

WHO WE ARE